日プ課題曲「YOUNG」はTWICE、GOT7、カン・ダニエルなどの作曲家が手掛けた曲だった

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは!新沙のあの子です。

 

先日「PRODUCE 101 JAPAN」の最終回が放送されました!

 

TBSで生放送された最終回では、デビュー評価課題曲2曲と「さよなら青春」、テーマソングの「ツカメ~It`s Coming~」が披露されました。

 

その後、最後の順位発表式が行われ、デビュー組の最終メンバー11人が決定しました。

 

デビューするグループ名は、「PRODUCE 101 JAPAN」で一緒に夢を掴んだ11人が1つになって世界の頂点を目指すという意味から「JO1」に決まりました。

 

「JO1」のメンバーに選ばれた1位から11位までの11人は以下の通りです。

 

豆原一成(17歳・岡山県出身)

川尻蓮(22歳・福岡県出身)
川西拓実(20歳・兵庫県出身)
大平祥生(19歳・京都府出身)
鶴房汐恩(19歳・滋賀県出身)
白岩瑠姫(22歳・東京都出身)
佐藤景瑚(21歳・愛知県出身)
木全翔也(19歳・愛知県出身)
河野純喜(21歳・奈良県出身)
金城碧海(19歳・大阪府出身)
與那城奨(24歳・沖縄県出身)

東京や福岡、兵庫、大阪、岡山、沖縄まで色々な地域出身のメンバーが勢揃いしています。

 

JO1の今後の活躍が楽しみですね!

 

さて、FILNALステージで披露されたデビュー評価課題曲の「YOUNG」と「GrandMaster」、そしていきものがかりさんの「さよなら青春-PRODUCE 101 JAPAN ver.」、全て良い曲で、さまざまな反響を呼んでいます。

 

新沙のあの子にとっては、特に「YOUNG」が印象的で、どことなくK-POPっぽい雰囲気だなと思いました。

 

それで、「YOUNG」について調べてみたのですが、

 

作詞は「Kaine/SUN/UNO BUCKX」、作曲は「SUN/VERSACHOI」が手掛けたとのこと。

 

ここで注目ポイントは、作曲にVERSACHOI氏が携わっているということです!

 

今日はPRODUCE 101 JAPANのデビュー評価課題曲についてや、「YOUNG」の作曲家である「VERSACHOI」という方について、少し紹介させていただきたいと思います。

 

PRODUCE 101 JAPANデビュー評価課題曲「YOUNG」

【PRODUCE101JAPAN】FINAL課題曲「YOUNG」の作詞作曲は韓国人?TWICEのあの曲を手掛けた人だった

 

「PRODUCE 101 JAPAN」では101人(そのうち3人がすでに辞退し、実質97人)の練習生がポジションバトル、グループバトル、コンセプトバトルなど、数々のミッションを経て、101人から60人に減り、60人から35人に減り、最終的に20人でファイナルステージとしてデビュー評価曲を披露しました。

 

コンセプトバトルの評価課題曲や、デビュー評価課題曲は、韓国でのPRODUCEシリーズでおなじみ、PRODUCE 101 JAPANのオリジナルソングでした!

 

デビュー評価課題曲は「YOUNG」「Grand Master」という2曲です。

 

「YOUNG」は、ファイナルステージまで残留した20人のうち、以下の10人が歌うことになりました。

 

メインボーカル 安藤誠明

サブボーカル1 川尻蓮(センター)★
サブボーカル2 白岩瑠姫★
サブボーカル3 大澤駿弥
サブボーカル4 大平祥生★
サブボーカル5 木全翔也★
サブボーカル6 與那城奨★
ラッパー1 鶴房汐恩★
ラッパー2 本田康祐
ラッパー3 宮島優心
(星(★)印はデビューが決定されたメンバー)

 

「YOUNG」チームのセンターは川尻蓮さんで、青と白に統一された衣装や、クールでセクシーな曲と振り付けが印象的でした。

 

歌詞も大人っぽくてお洒落な曲です!

 

「YOUNG」歌詞

 

みつけた Brand new 僕だけのドア
I don’t wanna classic 耳は傾けない
たとえ一人でも 突き進むだけ
I can’t break down
I can’t break down

 

I never worry bout life life
いつの日か Fly away
ここを離れて
僕らの望む 幸せ 掴めよ
Don’t let me down

 

本気で願い続けた夢
その道の先に
君探し(迷い走る今)
待っていて(ほんの少しでいい)
たった一人の君へ

 

La La
I’m still young young young
止められない Young young forever
怖くても Ah ah 散るのさ華麗に美しく
Don’t break my stride

 

Ta ta ta ra ta ah young young
Ta ta ta ra ta ah young young

 

Young is bumpy 険しくても傷ついても 下は向くな
I don’t know what is that 最後を見てて ほら期待して
「次」はない Yeah I can’t break down
I can’t break down
I can’t break down

 

本気で願い続けた夢
その道の先に
君探し(迷い走る今)
待っていて(ほんの少しでいい)
たった一人の君へ

 

La La
I’m still young young young
止められないyoung young forever
怖くても Ah ah 散るのさ 華麗に美しく
Don’t break my stride

 

Ta ta ta ra ta ah young young
Ta ta ta ra ta ah young young

 

最後の時を (Every day every time)
マイペースに行こうよ (Enjoy my life)
急がないで(時間はこんなにある 出来ることもまだある)
大丈夫(周りは見なくていい もっと高く飛べよ)

 

La La
I’m still young young young
止められない young young forever
I’m still young young young
止められない young young forever
怖くても Ah ah 散るのさ 華麗に美しく
Don’t break my stride

(https://www.lyrical-nonsense.com/ より)

 

何度も別れを繰り返し、デビューへの道のりを歩む練習生たちの熱い思いが描かれていて、「PRODUCE 101 JAPAN」の最終課題曲にピッタリですね!

 

PRODUCE 101 JAPAN「YOUNG」の作曲家はだれ?

日プ(PRODUCE 101 JAPANの通称)のオリジナルソングは、公開されるたびに曲を作ったのは日本人?韓国人?など、多くの人が注目しました。

 

ではこの「YOUNG」を作ったのは一体誰なのでしょうか?

 

【PRODUCE101JAPAN】FINAL課題曲「YOUNG」の作詞作曲は韓国人?TWICEのあの曲を手掛けた人だった

 

「YOUNG」の作詞作曲を手掛けたVERSACHOIさんは、韓国の作曲家です。

 

JYP PUBLISHINGに所属し、様々な楽曲を手掛けている方なんです。

 

(株)JYP PUBLISHING(ジェーワイピーパブリッシング)は、ミュージックパブリッシング業界の先進化とグローバル化を目標に、パク・チニョン代表プロデューサーが2008年2月に設立しました。

 

定期オーディションを通じた新人作詞・作曲家の発掘、デモピッチングとプロモーション、利用促進を通じたライセンス機会の創出、次世代プロデューサー養成など国内と海外事業のノウハウを保有しているミュージックパブリッシング会社です。

 

JYP PUBLISHINGの公式ホームページにはVERSACHOIさんのプロフィールと、ディスコグラフィが掲載されています。

 

VERSACHOI

 Real Name:チェ・スンヒョク(최승혁)/Choi Seung Hyuk
 Education:ソウル芸術大学実用音楽科在学中

 

DISCOGRAPHY
【PRODUCE101JAPAN】FINAL課題曲「YOUNG」の作詞作曲は韓国人?TWICEのあの曲を手掛けた人だった

(JYP PUBLISHINGサイト(http://www.jyppub.com/)より)

 

VERSACHOIさんは、2018年4月4日にリリースされたJun.K(From 2PM)のソロミニアルバム『NO TIME』の収録曲「Ms. NO TIME」作曲(Jun.Kと共同作曲)や、JBJのメンバーとして人気を集め、ソロデビューしたキム・ドンハンのTHE 1ST MINI ALBUM『D-DAY』(2018年)の収録曲「記録して(기록해줘)」(Feat.サンギュン)の作曲などを手掛けました。

 

最近では、2019年11月にリリースされたカン・ダニエルのニューアルバム『TOUCHIN`』の収録曲、「Adulthood」の作曲をしています。

 

また、2019年下半期に大ヒットしたTWICEの『Feel Special』アルバム収録曲「LOVE FOOLISH」の作曲をした方でもあります。

 

その他、2019年7月にリリースされたTWICEの『Breakthrough(taalthechoi Remix)』アルバムや、Stray Kidsの『Clé 1 : MIROH』、『Clé 2 : Yellow Wood』(2019年3月、6月リリース)、GOT7、VICTON、UP10TION、OnlyOneOf(オンリーワンオブ)など、様々な人気アーティストの曲を手掛けています。

 

【PRODUCE101JAPAN】FINAL課題曲「YOUNG」の作詞作曲は韓国人?TWICEのあの曲を手掛けた人だった

 

まとめ

今日は「PRODUCE 101 JAPAN」のオリジナルソングの中で、デビュー評価課題曲の「YOUNG」と、その作曲家について色々調べてみました。

 

「YOUNG」の作詞作曲を手掛けたVERSACHOIさんは、JYP PUBLISHINGに所属している韓国の作曲家です。

 

VERSACHOIさんはソウル芸術大学に在学中とのことなので、多分若い方かなと思います。

 

パク・チニョン氏率いるJYPは2PMやTWICE、GOT7、Itzy、ペク・イェリンなどのアーティストだけでなく、プロデューサーや作曲家、クリエーターもたくさん所属しているんですね。

 

韓国の作曲家が参加していることもあって、やっぱり日プのオリジナルソングはなんとなくK-POP寄りの雰囲気の曲が多いですね。

 

一方で、「YOUNG」と同じくデビュー評価課題曲だった「Grand Master」(グラマス)、コンセプトバトルの評価課題曲の「Happy Merry Christmas」(ハピメリ)など、日本の作曲家が手掛けた曲もあり、良い曲ばかりなので、気になる方はぜひ聞いてみてください!

 

他の記事もどうぞ↓
BLACK PINK、Red velvetも御用達のブランドを扱うショップを格付け→韓国ファッションの聖地!現地の通が愛用するセレクトショップ
韓国の”タトゥー”はキュートでオシャレ→国内外で人気!韓国のお洒落タトゥーイストたち
日本人が狙われてる?韓国旅行では勧誘に気を付けて→ソウル市内で2人組に道を聞かれたら危ない?
【PRODUCE101JAPAN】人気声優のあの人と似てる?上原潤の国籍上原潤の国籍・母語などを徹底調査
仁川空港の´映える´穴場カフェを発見!《VOILÀ N5》
ソウルのおすすめホルモン焼き専門店『イモネコプチャン』
<【トンカツ編】韓国の大盛り・デカ盛り飯 《完食したらタダ!》

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

トップへ戻る