ソウル各地で人気!気軽に入れるリーズナブルでオシャレなBarを紹介します

リーズナブル×映えるお洒落Bar

気軽に入れるリーズナブルでオシャレなBar4選

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

こんにちは!新沙のあの子です。
このページでは、ソウルの各地で人気のワインやマッコリが飲めるオシャレなBarを紹介したいと思います!

 

韓国に旅行して、テレビやネットで見たお店が気になって行ってみたところ…

 

韓国の番組で紹介されたお店だと聞いて来たけど
看板もなく入り口も目立たなくてどこから入ったら良いのか分からないし、ようやく入ってみたら一見さんお断りな雰囲気で気まずかった…
日本語が通じなくて韓国語分からないし焦るー!
しかも値段たっかー!でももう座っちゃったし出られないー!(涙)

 

ということ、ありませんか?

 

上記のような悲惨なことにならないように、 このページでは

 

誰でも気軽に入れる
バエる写真が撮れる
50,000ウォン以内の予算でOK

 

のどれか2つや3つ(全部じゃないんかーい)に当てはまるバーを調査してみました。

 

・お酒が好き
・韓国料理が好き
・明洞(ミョンドン)はもう飽きた
という方は参考にしてみてください。

1.ワインと韓国料理を楽しめる、楽喜屋(락희옥)

(楽喜屋Facebook より)

 

楽喜屋(ラッキオク)は韓国の人気グルメ番組「水曜美食会(수요미식회)」でも取り上げられた
人気のワイン&韓食(韓国料理)のお店です。
番組ではポッサム(韓国風蒸し豚)の美味しいお店と紹介され、注目を集めました。
もちろんポッサムが美味しいのは間違いありませんが、ここはワインをはじめ様々なお酒に合う韓国料理を提供しており、コスパが良くて満足度が高いことで人気なのです。
そして人気の理由のもう1つは、Corkage Freeということです。

 

韓国で流行りのCorkage Free(コルクフリー)とは

お客さんがワインなどのお酒を料理店、飲食店に持ち込み、ボトルを開けるときに、お店側が持ち込み料、栓抜き料として請求する額のことをCorkage、若しくはCorkage Fee(コルクフィー)と言います。
持ち込みのワインを注ぐためのグラスの貸出料金とも言われます。
ヨーロッパやバリのようなリゾート地ではよくあることで、韓国でも高級レストランではワイン1本当たり2~5万ウォンのコルクフィーを払うのが当たり前です。

 

最近韓国ではボトル1本まではコルクフィーを払わなくても良いというお店をたまに見かけますが、普通の居酒屋や、リーズナブルな価格で酒類と料理を提供している飲食店は酒類を持ち込んで飲むこと自体ダメで、そのお店で注文したお酒しか飲むことが出来ません。

 

一方、Corkage Free(コルクフリー)とは、酒類を自由に持ち込むことができるということ。
楽喜屋は特にワインとの相性が良い料理が提供されることで有名なため、ワインを持ち込んで楽しむお客さんが多いです。

 

(楽喜屋Facebook より)

 

ソウルを中心に、韓国ではCorkage Freeのお店がだんだん増えつつあります。
あえて日本のお酒を日本から持って行って、現地のお店に持ち込んで本格韓国料理と一緒に楽しむのもアリかも知れないですね!
(韓国ではアサヒやエビスなどの日本のビールや日本酒は高いです)

 

もちろんお店でもお酒を売っているので、絶対持参しなければならないわけではありません。

 

(楽喜屋Facebook より)

 

楽喜屋は麻浦(マポ)に本店があり、その他、乙支路(ウルチロ)店、光化門(グァンファムン)店があります。

 

楽喜屋本店は月曜日から日曜日まで毎日営業しており、午前11時から夜11時まで、ブレイクタイムなしで営業しています。
平日にゆっくりとランチを食べたり、仕事帰りに一杯飲みに行くのはもちろん、土曜日と日曜日も夜遅くまで開いているので、旅行中に行きたいところを全部回ってから行ってもOKな場所です。
個人的には日曜日も開いており店内もお洒落なマポにある本店がオススメです。

 

 

誰でも気軽に入れる
バエる写真が撮れる

 

※麻浦(マポ)にある本店の地図です。

 

お店情報

■ 営業時間
麻浦店(本店):月曜日~日曜日 11:00-23:00、定休日なし
乙支路店・光化門店:月曜日~土曜日 11:00-23:00、定休日:日曜日

 

■ メニュー 
代表ポッサム(대표보쌈) 35,000ウォン
代表キムチマリグクス(대표김치말이국수) 8,000ウォン
薄切り牛バラ肉の焼肉(차돌박이구이) 35,000ウォン
食事系 6,000~40,000ウォン
酒類 3,000~120,000ウォン など

 

■ 電話番号
麻浦店(本店):+82-2-719-9797
乙支路店:+82-2-772-9797
光化門店:+82-2-735-9797

 

■ 住所
麻浦店(本店):ソウル市麻浦区白凡路170
乙支路店:ソウル市中区乙支路101
光化門店:ソウル市中区世宗大路135-7

2.10人の男が造る空間、10分の1(십분의일)

(10分の1Facebook より)

 

ワインをコーヒーのように気軽に飲むような文化を作りたい、という趣旨で10人の男性の方が共に造り上げた空間、10分の1です。
10分の1は、現代の韓国の若者が好む感覚的なインテリアが印象的なバーです。
ボトル1本3~4万ウォンのワインを揃えていて、リーズナブルな価格のワインと料理を楽しむことができます。

 

代表メニューは、ワインにブランデーを添加したポルトガルのワインです。少し甘めの味がするので、特に女性に人気が高いのだそう。
10分の1のすぐ隣にある2号店ではさまざまな種類のビールが飲めるので、ハシゴにも良さそうですね。

 

BIZHANKOOK より)

 

オススメのメニューは2つ。
クルチーズとチーズチャパゲッティです!
クルチーズの「クル」はハチミツの意味で、このメニューはハチミツとチーズ、そしてゴマの葉、ワサビという新鮮な組み合わせが特徴的で、しかもめちゃくちゃ美味しいのです。10分の1でしか味わえない話題のメニューです!

 

(@mangoplaterr より)

 

もう1つのオススメメニューはチーズチャパゲッティです。
韓国の国民フード、チャパゲッティ(ジャージャー麺のインスタント麺)にチーズと目玉焼きを乗せたメニューで、隣のテーブルで食べていたら美味しそうな匂いにつられて注文しちゃう率100%のメニューです。値段も7,000ウォンで安い!ので、ぜひ食べてみてください。

 

その他にも、10分の1ワイン4,800ウォン、チーズプレート9,000ウォンと全体的にコスパの良いお店です。

 

 

10分の1公式instagram» http://www.instagram.com/sipboon_il/

 

誰でも気軽に入れる
バエる写真が撮れる
50,000ウォン以内の予算でOK

 

 

 

お店情報

■ 営業時間
平日 18:00-24:00、土曜日・日曜日 18:00-24:00、定休日:毎月第2日曜日

 

■ メニュー 
10分の1ワイン 4,800ウォン
チーズチャパゲッティ 7,000ウォン
チーズプレート 9,000ウォン
ブルームーン 7,000ウォン
ポルトガルワイン 13,000ウォン など

 

■ 電話番号
+82-2-6080-8051

 

■ 住所
ソウル市中区苧洞2街水標路 42-9

3.海が聞こえる、SULF BAR(서프바)

GO OUT KOREA より)

 

ヒョニフィルム_ソウル女のソウル旅行(효니필름_서울여자의 서울여행)という番組にも出てきた
梨泰院(イテウォン)の近くのキョンリダンキル*にあるサーファーのサーファーによる、サーファーのためのバーです。
もちろんサーファーじゃない方も大歓迎!

 

海好き、サーフィン好きの方にオススメのお店です。

 

 

プチコンブ*
《キョンリダンキル》 ハングル表記:경리단길
Nソウルタワーが高々と立つ南山の南麓に位置する緩やかな坂道を「キョンリダンキル」と呼びます。
日本語で直訳すると、経理団通りという意味です。以前、陸軍中央経理団(現在の国軍財政管理団)がこの道の入り口にあったため、このような名前がつきました。
梨泰院から歩いて行ける距離の近い位置にあり、坂道の脇にはカフェや韓式レストラン、多彩な異国の料理店が並んでいます。
約10年前からソウルのホットスポットとして注目されているエリアです。

 

 

以下はSULF BARの代表のお二人のインタビューの抜粋です。

 

二人はサーフィン好きだと聞きました。SULF BARを自らオープンすることになったきっかけは?

 

SULF BAR(以下、S.B) 二人とも普段サーフィンやキャンプが好きなのですが、忙しいという理由で最近なかなか楽しめなかったのです。なので、私たちと同じような理由で、気軽に出かけることができず、海を恋しいと思っている人々と、都会で一緒に楽しめるようにサーフィンをコンセプトとしたBarを作ることになりました。サーフィンは特有のローカル文化があるように、釜山、テジクッパ(돼지국밥)、ミルミョン(밀면)を愛する私たちは、釜山をローカルに表現しました。

 

イテウォン(梨泰院)キョンリダンギル(経理団通り)にSULF  BARなんて、ソウルに住むサーファーたちには非常に嬉しいニュースなんじゃないかと思います。

 

S.B ソウルはサーフィンをしに行くのが難しい都市です。週末に仕事があったり、海に波がなかったり、サーフィンに行きづらいときが多いからです。釜山に住んでいたときは、波さえあれば平日でも週末でも楽しむことができたのですが。ソウルに住みはじめてから、サーフィンとは少し遠くなった感じがします。SULF BARはそのような人々に、癒しと小さな楽しみになってほしいと思います。

 

サーフボードの形のウッドテーブルが目立ちますね。

 

S.B 夕暮れにサーフィンをした後、ビーチに座ってサーファーの友人と冷たいビールを飲んでおしゃべりをするのが好きなんです。そのとき感じた幸せな瞬間をインテリアに表したかったんです。それで、サーフボードの形のウッドテーブルを直接製作しました。実際のサーフボードを使ってテーブルを作りたかったのですが、水平が合わず、テーブルにするのは難しかったです。結局、サーフボードを作る人を探し回ってサーフボードシルエットを完成させ、アメリカンスタイルのビーチチェアも用意しました。

 

全体的にカリフォルニアをイメージした感覚が感じられますね。

 

S.B バーの奥側には10人程度が座ることができる明なウィンドウルームがあるのですが、これはカリフォルニアのサーファーたちのシャワールームを想像したインテリアになります。トイレのインテリアも、カリフォルニアのサーファーのトイレを想像しましたし(笑)。最もこだわった部分は、SULFBARに流れる波の音!(全8種類の波の音が流れてくる。)その他にも、小物はサーフィンやキャンプをするときにいつも持って行った用品をそのまま陳列しているものが多いです。音楽が流れてくるブームボックス(ラジカセ)も同じです!

 

お店の一方ではサーフィンに関する映像フィルムも上映しているのですね。

 

S.B 主にサーフィンに関する映画を流しています。ほとんどの映像は、サーファーの知り人いがプレゼントしてくれたサーフィンにまつわるストーリーがあるDVDです。

 

SULF BARで特別味わえる料理と酒は?

 

S.B ヤンヤン(襄陽)のジュクドビーチでサーフィンやキャンプを一緒に楽しめるのですが、SULFBARのメニューはすべて、その時から誕生しました。最も人気のあるメニューは「スケトウダラ焼き」なのですが、カリッとした食感にやや塩辛いソースが加わって、ビールのおつまみとして最高に人気です。
そして「ソーセージと野菜のバター焼き」と、ハワイで愛されているスパムを使った「スパム焼き」はその後に続く人気です。
お酒は、ハワイ出身の「コナビール」が最も人気が高いです。SULF BARではコナビールのラインナップの中で、まずビッグウェーブ、キャストウェア、ロングボード、ファイアロックの4種類を味わうことができます。瓶のデザインもハワイらしくサーファーたちの感性を刺激します。
週末にはロングアイランド・アイスティーが最も人気なのですが、味が甘いわりに酔う速度が速いんです。気持ちよく酔ってからクラブに行く人々に最も愛されています。この他にも、済州島でサーフィンするときに定番のハンラサン(漢拏山)焼酎と、コスパの良いワインも味わえます。

GO OUT KOREAより)

 

ロングアイランド・アイスティーは、ウォッカベースのカクテル。紅茶を一滴も使わずに、見た目や味を紅茶に近づけたという点が特徴のロングドリンクです。
甘くて飲みやすいので、アルコールの強さがあまり感じられないのですが、実は結構度数が高いカクテルの1つです。
週末にクラブに行く前のお客さんたちにロングアイランド・アイスティーが人気というのが梨泰院やな~って思いますね。

 

韓国でサーファーの聖地として有名なのは、ビーチや海鮮が有名な釜山はもちろん、韓国の最南端に位置する島・済州島が挙げられます。そして、韓国の東海岸に位置し、ソウルからバスで2時間半程の江原道に、ヤンヤン(襄陽)という郡があるのですが、ここヤンヤン郡に、韓国のサーファーに愛されるビーチ・ジュクドビーチがあります。
SULF BARで提供しているフードはこのジュクドビーチからインスピレーションを得たものばかりです。

 

 

DINING CODE より)

 

ソウルの中心からは泳げる海は近くにないため、ソウルの海好き、サーフィン好きには重宝するバー。
夏の暑い日に波の音を聞きながら美味しいビールを飲みにぜひ行ってみたいバーですね。

 

 

誰でも気軽に入れる
バエる写真が撮れる
50,000ウォン以内の予算でOK

 

 

お店情報

■ 営業時間
平日 18:00-24:00、土曜日・日曜日 18:00-24:00、定休日:毎月第2日曜日

 

■ メニュー 
10分の1ワイン 4,800ウォン
チーズチャパゲッティ 7,000ウォン
チーズプレート 9,000ウォン
ブルームーン 7,000ウォン
ポルトガルワイン 13,000ウォン など

 

■ 電話番号
+82-2-6080-8051

 

■ 住所
ソウル市中区苧洞2街水標路 42-9

4.本格的なマッコリバー、自喜香(자희향)

自喜香(ジャヒヒャン)は、お店と同名のジャヒヒャンという韓国の国産伝統酒ブランドが運営するマッコリバーです。
自喜香は韓国の伝統酒研究所のパクロクダムオンが監修して作った純伝統麹のみを使用している高級濁酒です。
ここで提供するお酒は、全羅南道咸平郡の最高品質のもち米を厳選して使用しており、果実の香りがするのが特徴です。

 

料理メニューにはタコスクフェ(さっと茹でたタコの刺身)や鶏の唐揚げとポテトセット、チヂミセット、グリーンサラダなどがあり、マッコリや焼酎など、韓国のお酒とぴったりのおつまみが揃っています。
お店には50席、90席の大きい個室もあり、いつも賑わっています。
ボリュームのあるメニューもあるので、しっかり夜ご飯を食べに行っても良いし、毎日夜11時まで営業しているので2次会でマッコリと少しのおつまみを味わいに行っても良いお店です!

 

 

誰でも気軽に入れる
50,000ウォン以内の予算でOK

 

 

 

お店情報

■ 営業時間
平日・日曜日11:00-23:00、土曜日18:00-23:00

 

■ メニュー 
さっと茹でたタコの刺身(돌문어숙회) 39,000ウォン
鶏の唐揚げとポテトセット(닭튀김감자세트) 17,000ウォン
チヂミセット(모듬전) 17,000ウォン など

 

■ 電話番号
+82-2-735-7007

 

■ 住所
ソウル市中区貞洞通り3

韓国語で「おすすめは?」と言いたい!正確で確実な言い方はこれです。

せっかくソウルのバーへ行ったけど、何を頼んでいいか分からない、韓国の店員さん、バーテンダーさんと話してみたい!
そんな方に是非使ってもらいたい韓国語でおすすめが何か聞くときのフレーズです。

 

韓国語で「おすすめ」は?

 

韓国語で「おすすめ」を直訳すると、「추천」ですが、「추천」は推薦という漢字を使い、日本でいう「おすすめ」とはニュアンスが少し異なるのです。

 

「おすすめは何ですか?」を直訳して
おすすめ/は/何/ですか をひとつひとつ辞書で引いてそのまま直訳すると
추천은 뭐예요?(チュチョヌン ムォイェヨ?)になりますが、このままの言い方は使いません

 

韓国語で自然な表現にすると、以下のようになります。

おすすめのメニューは何ですか?
추천 메뉴는 뭐예요?
(チュチョン メニュヌン ムォイェヨ?)

 

その他、韓国のバーやレストランで使えるフレーズをいくつか紹介します。

 

どんなお酒が人気ですか?
어떤 술이 인기예요?
オットン スリ インキイェヨ?(インキエヨ?でもOK)

 

どんなおつまみ(料理)が人気ですか?
어떤 안주가 인기예요?
オットン アンジュガ インキイェヨ?(インキエヨ?でもOK)

 

美味しいワイン、おすすめしてください(美味しいワインを教えてください)
맛있는 와인 추천해 주세요.
マシッヌン ワイン チュチョネジュセヨ。

 

お酒が弱くて、強いお酒は飲めません。
술이 약해서, 쎈 술은 못 마셔요.
スリ ヤッケソ、センスルン モッマショヨ。

 

おすすめ チュチョン(推薦)
酒 スㇽ
つまみ アンジュ

 

どうしてもおすすめを聞きたい!というときでも、
おすすめがありますか?を直訳して
추천이 있어요?(チュチョニ イッソ?)とも韓国ではあまり言いません。

 

日本語を韓国語に訳すとき、使う単語と語順が一緒で直訳しても不自然にならない場合が多いのですが、
この「おすすめ」が入ったフレーズは言い方を少し変えなければいけないので、直訳しないように気を付けましょう。
これは韓国語中上級者でも知らない方が多いのでぜひチェックしておいてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る